放射能汚染車両による双子の外部および内部被曝経緯

(中学1年生=K君は兄、Y君は弟=13才)

kazu's Diary

年月日

時系列の出来事(詳細は各リンク参照)

2011.3.11

東日本大震災

2011.3.12

 

福島第一原発1号機爆発

川内村に住む双子の祖父母が、避難者に対して川内村で炊き出し

2011.3.13

同様に双子の祖父母が川内村で炊き出し

2011.3.14

 

福島第一原発3号機爆発

双子の祖父母が川内村脱出

フォレスターで燃料を買出しに走るも購入できず、ガス欠で自宅放置

ミニカで郡山避難所へ

2011.3.15〜17

双子の祖父母が郡山市の避難所で過ごす

2011.3.17

双子の祖母父が、ミニカは郡山市の避難所付近に残し、

新幹線で横浜の息子(実子=長男)夫婦宅に入る

2011.3.29

双子の祖母父が、郡山市にミニカを取りにもどったあと、

北海道(実子=長女居住地近隣)に移住。

このころから双子が送迎などで祖父母のミニカに何度も乗車する

5月

双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む

6月

双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む

7月半ば

双子のK君Y君が、同時に倦怠感で寝込む

2011.7.28

7.30

双子の祖父母が身の回り品およびフォレスターを取りに、川内村に一時帰宅。

28日北海道発→29日に川内村の自宅着。

車両1台(フォレスター)とその他の身の回り品を当麻に持ち帰る。

この際、とくに放射能防御は何もしていない。

フォレスターは原発爆発から4ヶ月半、野外に放置されていた。

双子はフォレスターにもこのころから何度か乗車する

2011.8.4

双子のK君Y君が、再び同時に倦怠感と体調不良で寝込む

8月上旬

Y君が寝込み始める。K君はやや回復。

2011.8.15

病院で双子が診察を受ける(吐き気・頭痛・倦怠感・寝汗・無気力)

血液検査は異常なし

2011.8.18

K君の右足ふくらはぎ疼痛が始まる

Y君の痙攣が始まる

2011.8.30

ミニカのラジエター付近で友人のH氏が最大0,9μSv/hを計測
(結果的にこの発見が双子の最悪の事態を回避するきっかけになる)

すぐに自宅に戻り、症状からY君の頭部の異常を疑う

2011.9.1

札幌にてプハン(バンキー)治療

以後、毎日バンキーや快療法に基づく手当てを自宅にて双子に実施。

9月中旬

Y君の歩行障害が始まる

10月下旬

Y君の痙攣は、外見的にはわからない程度まで回復

(胸に手のひらで触れると若干感じる程度)

2011.11.6

旭川トヨペットと汚染車の部品交換の直接話し合い(断られる)

旭川ホンダと汚染車の部品交換の直接話し合い(断られる)

2011.11.7

旭川スズキは電話で「放射能汚染のある車は…」と断られる

ミニカの外部線量の再測定を行う

2011.11.9

北海道内の病院にて神経内科を受診

双子とも、神経に関する触診・運動系テストでは異常無し
しかし、痙攣や歩行困難、筋肉の疼痛や萎縮など、
双子にほぼ同時に起きた経緯などから

「放射線による可能性がある」と医師が認め、診断書を書くことを了承

診断書参照

2011.11.18

旭川三菱が部品取り外し作業を受け入れてくださり、ミニカの部品回収

このとき、ワイパー下部(フロントデッキガーニッシュ内部)に詰まった土埃から最大で2,6μSv/hを計測(DP802i

11月下旬

Y君の痙攣は外見的にはわからない程度まで回復

(胸に手を触れても第三者にはわからないが、本人においてはまだ微細な痙攣感覚あり)

2011.12.1

土埃をSOEKS-01再計測し、3,03μSv/hを計測。

アルミ板でβ線遮蔽を行っても、
0,62μSv/hを計測。

※この土埃はわずか数グラム(耳かき数杯程度)

2011.12.6

道民放射能測定所のベクレルモニターLB200にて、
土埃(耳かき数杯程度=数グラム)を測定。

1万数千ベクレルを確認 →横浜の同位体研究所に同検体を測定依頼


2011.12.14

同位体研究所による、上記数グラムの「土埃」の測定結果は以下のとおり。

セシウム137=3,587Bq、セシウム134=2907Bq

セシウム合算6,494Bq
 → 数グラム=5gの土埃と仮定すると、×200倍で

濃度=約130万ベクレル/kg
トップページにもどる
inserted by FC2 system